topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は長い長い雑談だお☆ - 2011.03.08 Tue

それより祐喜君仕事しろ


面白い話・・・だとwww

お前、すべらない話じゃないんだからよww^p^

私の思う面白い、は他人と少しずれている気もする幸坊ですw
こんばんは。




確かにこのブログ・・絵の話をするか、真面目な話をするか、幸坊キャラに滾っているかのいずれかですね(苦笑)

あんまりたがが外れたら、おっぱいおしりペロペロ(^ω^)ばっかり言ってそうで怖いですしねww
あ、ついでに雄っぱい雄しりペロペロ(^ω^)も入れておきましょうか(入れなくていいww)

ちなみに、本当に絵の上手い人は絵の話ってあんまりしないんでしょうかねー?(´・_・`)
私はそんなに上手くないからべらぼうに絵の話しますけどww




じゃあ今回は適当に、私の幼馴染みのお話でもしましょう^^


私には、多分保育園ぐらいからの付き合いであろう幼馴染みがいます。
私は彼女の事をいつも『あっちゃん』と呼んでます。

リンク先の天野ぽき様とも長い付き合いですが、それでも小学校からの付き合いです。

私もあっちゃんも男兄弟がいて、自然とゲームの中のファンタジーに触れ合ったりしていたので、
女の子ながら冒険ごっこは当たり前でw
ゲームの世界にいるつもりで、二人でキャラの役割を決めて遊んだりするのが一般的でした。


ちなみに今の私のP.N『幸坊』ですが、あっちゃんとの遊びでお互いが魔法使いだという設定にした時、
私が『ゆきんぼー』っていう魔法使いだったというところから来ていますww


しかし幼稚園児やら小学生っていうのは、本当に考える事が不思議でw

FF6が流行った頃。
FF6をプレイした方は分かると思いますが、ラスボスが『ケフカ』という、ちょっとオ○マっぽくてピエロみたいな奴でしてねw
子どもながらに、『こいつはヤバい!!』って思っていたんでしょうね。
当時私達は小学校1年生くらいだったのですが、電線に時々、黄色いカバーが付いてる時ありますよね?
あれを私達は何故か『レインボー』って呼んでいたんですけど、下校時にこの『レインボー』を見かけると、
「今日ケフカが来るで!!ケフカに触られたら『毛フカフカ病』になってしまうんやで!!」
と、二人で言っていました。

・・・『毛フカフカ病』って何ぞwwww体毛が濃くなるんかwwwwwww^p^


次はこれまた、FF7が発売された当時。
私達は小学4年生でしたが、あっちゃんがアニメイトでFF7の下敷きをGETしてきましてね。
下敷きの表にはクラウド・エアリス・ティファ・バレット・レッドサーティーンがプリントされていたとおもうのですが、
いかんせん当時はまだグッズというのが珍しい頃でしたので、私は大興奮ww
「なぁ、人気投票してみようや!!」って言って、下敷き持ってクラスメイト皆にどのキャラが好きか聞いて回りましたwww
1位・・・誰だったかな?僅差でクラウドだったかな??(苦笑)

小学4年生の間だとFF7はちょっと知名度が低かったと思うので、『皆に知って欲しい!』っていう思いもあったんでしょうね。


小学校高学年頃には池の周りや山を探索して、その探索ルートの事を『アドベンチャー』と呼んでいました^p^
アドベンチャーは蛇や虫が出たら危険なので、冬限定の遊びでしたw

とにかく、付ける名称が不思議だ(苦笑)


まぁ他にも色々二人でやらかしてきましたが、不思議と越えてはならない一線はわきまえていたようです。

隣町に心霊スポットと噂されるところがあるって聞いて、私とあっちゃんとあと誰か居た気がするんですけど・・
まぁ、その噂の心霊スポットの入り口まで歩いて行った事があるんですけどね。
周りが森で囲まれた寂しい道の脇に、森に入っていくような感じで入り口があって、立ち入り禁止の看板が立っていたんです。

歩きにしてはちょっと遠い道のりだったんですけど、その入り口の所で引き返しました。
何かちょっと、入らない方が良いような予感がしたんでしょうね。
高校の時に天野ぽき様が、下校時にたまたまその道を通った事があるそうですが、
高校生の目から見てもかなり寂しい道だったようなので、あの判断は正解だったと思います。

今でも、そこへは行きたくないです(苦笑)


あと、上で書いたアドベンチャーでの話ですが、
アドベンチャーは池沿いの木々の中の道を通って池の反対側に出て、そこから池に注いでいる、枯れた川沿いに山の方に登っていくっていうコースだったんです。
アドベンチャーって名前を付けたのはその道が凄く獣道で、殆ど人が踏み入れてないだろうなっていう道だったからで、
『どこまで続いているのかな?』っていう好奇心で、回数を重ねるごとに先に進んでいたのですが、
ある時に、川から上がった所に開けた山道を見つけましてね。
迷わない程度に、奥に進んでいたんです。

ピンクのテープが木に巻いてあったり、所々に粗大ゴミみたいなのやら落ちていたので、『昔は誰かが通っていたのかな?』と思ったのですが、
ふと、少し落ち窪んだところにお地蔵さんが見えましてね。
何でそんなところにお地蔵さんがあるのか、と何だか怖くなって、二人で引き返したのを覚えています。
それ以来、アドベンチャーには行っていません。

これにも後日談がありまして、どうやらその道は昔、あっちゃんの姉も友達と一緒に通ったらしく(私達と同じルートかは不明ですが)
最終的には隣の市に抜けたようです。
もしかしたら昔使われていた道で、お地蔵さんはその為の道祖神だったのかも知れないのですが、
人が通らなくなって放置された場合、悪いものが集まる事があるそうで。
これまた、私達の判断は正しかったのかも知れません。


まぁそんな訳で、あっちゃんとは高校が別になってから殆ど会わなくなったのですが、
また最近、たんまに会うようになりました^^

あっちゃんは昔、物静かでちょっと不思議な感じな子だったのですが、今は普通に働くお姉さんですw
むしろ、同年代よりもずっと前向きなような気がします。

何ていうのかな・・そう、ブレない。
気持ちとか意志が全くと言って良いほど、ブレない。

そりゃまあそれなりに適当なところはありますが、何だか信頼出来る。
そんな感じがします。


うーん・・もしかしたら先々、ちょっとした有名人になってたりしてw

私?私はマイナーな有名人になるのが目標ですからw
今も昔も言ってる事は意味不明かww^p^





拍手ありがとうございます!!

記事を打つのに思った以上に時間が掛かってしまった><
拍手コメントのお返事、もう少々お待ちください^^;

ではではまた次回です☆☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukinbo78.blog99.fc2.com/tb.php/533-b03e44d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

てめぇら何時まで茶ぁしばいてんだ «  | BLOG TOP |  » まだあげ初めし前髪の

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。