topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日こそUPする絵が無i(以下略) - 2010.09.19 Sun

今日は本当にUPする絵が無いんだよ!!^p^;

でも、とりあえず更新はするw

こんにちは、幸坊です。




なんにも無いのも寂しいので、昔描いたやつでもUPしとこうかw

インテル君

去年の今頃に描いたイラストですw
インテルのCMに出ていた、いたずら好きの男の子が可愛くてvv


一日、目一杯作業をすると一日寝て過ごしてしまう・・・w
でも昨日と今日はバイト尽くめだから、作業をするのがしんどいっていうのは薄々分かってたww

これからPC作業になるから、鉛筆を握る時間が減りそうだ・・・><








さーて・・今日は珍しく、絵の話ではない、ちょっと真面目な話をしましょうか。

どうせバイトに入ってる間はヒマなんだからw


『心の病』って言うと、今では鬱病だったりとかそんな感じなんでしょうかね?
鬱病では無いんだけど、気分が上がらなかったり、なぜか不安だったり、自分に自信が無かったり・・・っていう事、ありませんか?
特にお若い方。

思春期からは多感な時期でもありますし、体調によって気分が滅入る事も、凹んでしまう事も非常に多い時期ではあると思うのですが、
何でか分からないけど、ずっと気持ちが晴れないという事は無いでしょうか。

それが災いして、『気合が入っていない』とか『不真面目だ』とか言われてしまったり。



ちょっと前の記事でちらっと書いたと思うのですが、私も絶えず心の不安を抱えていました。
それでもって、『反抗期』というものが無かったように思います。
強い言うなら、今が反抗期w

私は、その不安の多いのが普通なんだと思っていたのですが、
ちょうど20歳になった時、『もしかしたら、この不安を拭う方法があるんじゃないだろうか』と思って、
色々調べ始めたんです。



私が調べたところによると、それらは『不安神経症』であったり、『ディスチミア症候群』であったりします。


不安神経症は、先ほども書いた通り、自分の心の中で自分の周囲の物全てが不安で不安でたまらなくなってしまう症状のことです。

ディスチミア症候群とは、学校や会社ではうつ症状を呈しながら、プライベートでは元気ハツラツな状態になります。
気分変調症という意味のディスチミア症候群と呼ばれますが、うつ病とはまた違います。


これらの症状の原因は諸説ありますが、おおよそは『自分の中に抑圧された感情が、行き場を失った結果』表れたものだと思うのです。

・・・と、一言で言われても、ピンとこない方が多いと思いますがw

要は、幼い頃に自分の欲求を叶えられなかった、または現在その状況にある人が、
心のバランスを崩してしまう事によって引き起こされるんですね。

『自らの欲求』というのは、実は自分でも気付いていなかったりするものです。
なぜなら、それは『常識』とか、『道徳』とか、『他人の目』っていうのが邪魔をしているから。

満たされなかった欲求は、隠す事は出来ても、消える事はありません。
そうやって知らず知らずの間に蓄積された欲求が、時には原因不明の肩こり・腰痛になって体に表れる時もあります。





まぁ、ここは言葉を飾らないでぶっちゃけてしまいましょう。

お若い方で、不安が絶えなかったり、いつも自分に自信が無い方。




あなたは、本当の意味で親から愛されていません。


もうちょっと噛み砕いて言うと、本当の意味で『親』としての役割をしてくれる人が、身近にいなかったものと思われます。

まぁそんな事を親に向かって言ったら、当然否定されるとは思うんですけどね・・・w


育児経験も無い私がこんな事を言うのもおこがましいとは思うのですが、敢えて言わせて頂きます。

子どもは経験こそ浅いものの、立派な一人の人間です。
しかしそこを勘違いして、子どもを親の『所有物』として見る人がいます。
それでいて、『自分は子どもに愛情を注いでいる』と思っている人がいます。


にわかには信じ難い話かも知れませんが、よくよく考えてください。

あなたが本当に欲しいものを、あなたの親は与えてくれましたか?
あなたが欲しい言葉を、あなたの親は投げかけてくれましたか?
何より、あなたの気持ちを、あなたの親は心から理解してくれていましたか?
もしくは、理解しようとしてくれましたか?

『親には感謝しなければいけない』っていうのが常識ではありますが、
そんなものはあなたの心を縛る鎖でしかありません。


だからと言って、親を恨めと言っている訳ではありません。
親を『親』として見るのではなく、『一人の人間』として見てください。
そして、自分の気持ちを見つめなおしてください。

善悪なんて関係無い。
自分が本当にして欲しかった事は何なのか。
自分が本当にしたい事は何なのか。

多分、それを考えるだけでも相当な時間が掛かると思うんですけどね。




私がどうしてここまで不安神経症について語るかと言うとですね、
不安神経症は、人生を台無しにするからです。

不安神経症の人は、他人を見る目がありません。

故に、同じ不安神経症の人とばかり関わって、騙されたり貶められたりするんです。
不安から逃れたい、その一心で甘い言葉に乗っかってしまう。
本当の意味で成熟した人間から距離を置いてしまう。



人間として成熟した両親の元で育った、もしくはそれに相当する人物に恵まれた人は、幸福だと思います。
だって、こんなに苦労して不安を拭う事をしなくていいんだから。

一番近くにいる人が、自分の気持ちを分かってくれて、誰よりも自分を信頼してくれる。
弱い自分も、失敗も全部受けとめてくれる。
時には、嫌われるの覚悟で叱ってくれる。
こんなに幸福な事は無いです。



私が自分を不安神経症だと思ってから、克服(できたと思う)まで、おおよそ2年そこそこ掛かりました。
果たして本当に不安神経症だったのかは不明ですが、今は不安を感じる事も随分少なくなりました。


私も書籍で『親はあなたを愛していない』と見た時、『そんなの嘘だぁ』って思った一人です。

でも、気になって色々昔を思い出していたら、
幼い私が、ピアノのレッスンの日でも無いのに、何故かピアノ教室の前まで行った事を思い出して、
涙が止まらなくなりました。

ピアノのレッスンが大好きだった訳では無いんです。
むしろ先生に怒られるから、行くのを渋った事もよくありました。
でも幼い私は、気付いていたんですね。

今でも、私が一番欲しい答えをくれるのは、親ではなくピアノの先生です。





訳も無く不安を抱えておられる方、自信が無い方。

あなたを縛る正義や一般常識、人間関係を失ったとて、あなたは死ぬ事はありません。
どれほど立場が地に落ちようと、全てを失おうと、あなたが死ぬ事はありません。

周りの事は関係無しにして、まずは自分の正直な気持ちを聞いてください。
そして、どうやったらその気持ちを発散出来るのか、冷静に考えてください。


あなたの事を真剣に想ってくれる人は、たとえあなたがどんな失敗をしても、味方でいてくれます。
あなたの弱点も受け止めてくれます。
何もしなくても、価値のある一人の人間として認めてくれます。



あなたは、ただ生きているだけで価値のある人間なのです。

それに気付いたとき、あなたの見ている世界は、ギーッと軋むような音を立てて変化します。

あなたの存在を脅かすものなど、この世に有りはしない。
あなたの心を縛っているものは、あなた自身なのだから。


苦しみから脱出する答えは、自分の中にしか存在しないんです。







拍手ありがとうございます!!

えらく文章が長くなってしまいましたね^^;
追記に拍手コメントのお返事を書こうと思うのですが、ここまで辿りつけるかしら(苦笑)

ではではまた次回です☆☆




りりん さんvv
拍手コメントありがとうございます!!(●^∀^●)
おっと・・・じゃあ私は反対側に座って攻めようかしら(やめろww)
クオレ・・何だかんだで、こういう事されるの多いような気がwww絶対そうだ^p^
多分何かしらの対処法を編み出しているハズだ!!
意外と普通に『お前、飲み屋で女子に絡むオッサンか!!』って言われてしまいそうwww

16歳のクオレは、自分で描いてても美味しいと思ってしまいましたwwすみませwwww
これこそ襲われる典型だと思うのだが(`・ω・´)キリッ
何だか、普通の男子には羨ましがられる方面での苦労が多そうね・・・w
それを普通に受け止められるクオレに敬服だよ(苦笑)

しかし、りりんさんの茶番(褒め言葉ですw)はなかなか磨きが掛かってますな!!
こちらにも敬服です^p^グヘヘ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お疲れ様です!!ゆっくりなさってください(*^^*)

にゃ・・にゃんてかわいいにょ・・おいで!
抱っこさせて!!うきょきょ(危険人物だよこれじゃぁ)

無邪気な笑顔が癒されるにゃぁww
去年の作品!?ううう去年の幸坊さんにまた、惚れちゃったじゃないですか♪

・・・うるうる・・・記事に泣けました。。私は愛されずに生き、今も親の愛を求めてる気がする。

愛されてないってこと自体、幼い時は分からなかったのかも知れません。
『お願いだから・・誰か私を見て欲しい』って思っていましたぁ・・。

反抗期は・・・私は凄かったです。いじめられた時期もありましたが
小学の終わり頃には荒れた友人に囲まれていたり
中学では男子をいじめていたこともありました(女の子はいじめません!強いとこに挑むからこそ挑戦)

・・・昔のガキ大将・・・って感じって、って恥ずかしいいいいいい。
曲がったことが嫌いでしたので『自転車5人乗り(ほぼ大怪我)』とか『アイドルを目指したり』・・変な集団でした

わ・・若かったのです。でもいい友人と出会い、
高校ではグッと大人になって母の愛なんて、気にならなくなりました♪

実は私も思ってました。
今、学生の友人たちが凄く我慢して親の言うことを聞いていることを
才能を否定され続けていることを
腹が立ちます!!私も同じだった
『自分の髪を切ってくれる人が欲しい』とか言って美容師になれ・・って言われたこともあります

ふざけてる親でした。

私は・・今も縛られてる。私から切り離しているつもりだけど
親って子供は持ち物感覚なので、気まぐれに甘えてきたり我が儘言ったり

悩んでる方たちに幸坊さんの言葉が届くといいなぁ
親といっても人、神では無いのですもの・・。

きよよんさんvv

ありがとうございまするうぅvv(*´ω`*)
可愛い男の子、女の子は正義!!!
でも、3次元の子どもは選り好みします(おいコラwww)
だって・・・子どもって群れたら牛乳臭くて(えww)

去年の私に惚れたらヤケドするぜっ☆
今年?
今年の私に惚れたら感電するぜっ☆(黙れww)


きよよんさんもなかなか、色々やらかしてますね!!www
反抗期って凄い大事なんですよ!!
子どもの自我が、ちゃんと育っている証です^^

きよよんさんのお母さんは、他人の私が言うのも何ですが、親としては失格なのだと思います。
でもせめてもの幸いだったのは、きよよんさんがそれに気付けた事だと思います。
私も、未だに親に理解して欲しい・・と思う事はありますが、おおよそ諦めています。

私の憶測で話をしてしまうのですが、
多分きよよんさんは、親の代わりに愛情を注いでくれる人に出会えたのではと思うんです。
リアルの友人然り、仲の良いご兄弟然り、ブログで出会った方々然り。
きよよんさんの心は、お母さんの愛情が無くてもちゃんと育っています。
表面上お母さんに縛られてはいますが、心までは縛られていないはずです。


自分の話をしてしまうのですが・・私は今まで、他人の目から見たら何不自由無く生きてきていると思うのです。
それは私自身も自覚しています。
お金に困る事も無く、そこそこに勉強も出来て、自分が進みたい進路に進めて。
本当に、理想的なんだと思います。

私はいつしか、『こんな幸せな自分が、親を困らせてはいけない』と思うようになりました。
4つ上の兄がやんちゃだったので、そうなりたくないっていう気持ちもあったのかも知れません。

私の親は、私の進路に反対はしなかったし、経済的な援助も存分にしてくれました。
でも、私の絵、私が何の漫画を描いていて、出版業界がどんな世界なのか、自分からは知ろうとしてくれませんでした。
『お金は出すから、どうぞ後は好きにやって』みたいな。
無関心故に、反対はしなかったのかも知れません。

漫画を描いてて苦しい事があっても、
『親に援助もしてもらっていて、自分がやりたいことをさせてもらっているのに弱音なんて吐いてはいけない、絶対に漫画家にならないと』
って思って、何とか踏ん張ってはいたのですが、とうとう限界が来ました。
そんな心じゃあ、出版業界では通用しませんでした。

本当は私の描いた絵を褒めて、漫画を見て欲しかった。
もっともっと、私に興味を持って欲しかった。
『私は兄ちゃんみたいな悪い子じゃないよ、もっと私を見て』って。


きよよんさんにも、知ってて貰いたいんです。
虐待とか、育児放棄とかっていうあからさまな形ではない、愛情に飢えてる人がいること。
過保護なんかもそれに該当します。
一見順調そうな人であっても、凄まじい心の不安と闘っていたりします。
愛情に飢えてる事にすら気付けない、本当に苦しいです。

この話をすると、大半の人は『?』っていう感じになるのですが・・・・・・
私はそれこそ、この日本社会の闇だと思っています。

『親は絶対。親を泣かせるような事はするな』っていうのは、おかしい。
親を泣かせてでも、自分の道を歩いていくのが人の在り方。
親もそれを受け止め、成長していくものだと思うのです。
完璧である必要は無い・・・でも最低限、親は愛情を注げる人であって欲しい。



スミマセン、お返事長くなりました><

こうやって私が不安を克服出来たのも、きよよんさんや色んな方々の愛情を貰えたお陰です。
ブログを始めてなかったら、今も私は不安の中でもがき苦しんでいたかも知れません・・・。

今度は私が、誰かを助ける番ですね^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukinbo78.blog99.fc2.com/tb.php/410-9f8c4115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吸血鬼祭り!! «  | BLOG TOP |  » あぁ、思い出した

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。