topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモドドラゴンを巡る冒険~後編~ - 2009.11.25 Wed

今回はいよいよ旅行記最終回ですよー。


長かったですねー。
短かったような気もしますねー。
旅行記をまとめるのが一番長く感じた気がします(苦笑)

でもこうやって、見たこと聞いたことを思い出しながら書くのもいいですね。




では今回も追記よりスタートです!!




一行はコモド島を後にして、再びフローレス島へ。

この後の予定は、フローレス島泊→フローレス島市内観光→バリ島デンパサール泊→バリ島散策→帰国という流れになっています。




船の乗組員のお兄ちゃんらともお別れして、ようやっとホテルへ!!

CIMG1278.jpg

コテージタイプのホテルだよん。

わー、やっとシャワーが浴びれる!!
幸せ!
生き返る!!

旅をするって・・・大変なんだなぁ(しみじみ)
コモド島を散策しながら、

幸坊 『風呂ってさ、入らなくなって何日くらい経ったらどうでもよくなるんだろう?1週間くらい?』
祐喜 『いや、3日くらいじゃね?』

とか考えてた自分どうなのww



コテージから見えた海岸線。

CIMG1284.jpg

その日は近くにあるホテル経営のレストランで晩御飯を食べたけど、料理の内容は船の中で食べたのとおおよそ同じだったよ。
この辺の食事は大体そんな感じなのかなぁ。

食事の際にアラックという蒸留酒で作ったカクテルを飲んだけど色々キツくて飲めなかった;
どうしようもなかったので、甘茶を頼んでその場をしのいだよww


しかもレストランからの帰り。
道端にでっかいコモドオオトカゲならぬ、蛇がいた(汗)
く、暗くてよく見えなかった!!
うっかり踏んでしまうところだったよ(;★□★)

ヘビー級の蛇とはこういうことだ(そのシャレもヘビー級の寒さだな)








翌日、チャーターバスに乗ってフローレス島市内観光へ。

背景資料にもなるかも知れないので、多目に写真を載せるよ☆



まずは近くの市場へ。

CIMG1300.jpg

CIMG1299.jpg


ヨーロッパあたりのオシャレな市場なんかはテレビで見ることが多いと思う。
しかし発展途上国の、特に田舎の方にはそんなオシャレな市場は無いのよね。

CIMG1297.jpg

CIMG1296.jpg


地面には生ゴミみたいなのが落ちてたりするあたりはいかにも東南アジアって感じかな。
これも東南アジア初めての方はビックリするのでは。

ご婦人なんかはこういうの苦手な方が多いかも知れないねぇ。
私も最初はかなりキツかったし。
臭いもあるしね**;

CIMG1301.jpg

売っているものは主に野菜。
あと果物は料理用バナナやパパイヤ、パイナップルとか。
香辛料なんかも沢山売ってるのかな。

写真には撮っていないけど、鶏が複数生きたまま足を縛られて運ばれてる様はさすがにちょっと引いた(汗)
 
CIMG1302.jpg

東南アジアの家では、写真の真ん中の家のように植物の葉(と思しきもの)で編んだ壁がよく見られる。





市場を後にして、次はフローレス島の自然を探訪。

竹林の中の道を抜け、たどり着いたのは何やら岩の壁。

CIMG1305.jpg

よく見ると岩の壁に割れ目が見える。

そこから中に入ると・・・・・・

CIMG1310.jpg

四方が岩に囲まれた空間に出る。
どうやらここは昔海の底だったらしい。
岩には貝等の化石が見える。

CIMG1313.jpg

岩壁を中から見上げた図。

CIMG1315.jpg

こうやって見ると岩壁がすごくでっかく思う。

CIMG1318.jpg


さらに奥の方に進むと洞窟で、鍾乳洞みたいになってたよ。
一番奥の方は入り口が狭くて、中も真っ暗で写真を撮ることはできなかったけど、でっかいコウモリがいたww
ところどころ岩に水晶が含まれていて、キラキラしてた!!

でも洞窟の中風が通らなくて死ぬほど暑ぃ(;;´△`;)

そして、生まれて初めて頭に装着するライトを付けた!!
この便利さに感動せずにはいられなかった自分どうなのww



岩壁ともお別れして、その後国内線に乗ってバリのデンパサールに戻る。

国内線のところで三度あのドイツ人のおいちゃんと出会ったよ!!
私達とは一本後の飛行機で帰るらしい。
最後にまた出会えて良かったよーvvv


飛行機の中から見たリンチャ島と周辺の島を囲む海は、淡いエメラルドグリーンだった。
もしまた来る機会があったら、この風景が変わらずにいることを願う。










再びバリのデンパサールに降り立つ。


バリは観光地化が進んでいるので、あまり写真は撮っていなかったりする。
なので、私が個人的に気になったものだけ書いているのであしからず。

バリの街中は最初にも書いたように、他の東南アジアの国(私が見てきた限りではあるが)に比べれば格段に整備が進んでいる。
それでもやはり東南アジア特有の雰囲気は濃い。

人口密度が高く、朝夕のラッシュにはひどく道が混雑するし、スコールが降れば道に水も溜まる。
何よりいつも思うのだが、どうして東南アジアの国々は道端にゴミがたくさん落ちているのだろうと思う。
スリランカでは普通に道に生ゴミが転がってたからなぁ。
まだバリではそれが無いだけ随分マシだ。

でも整備が進んでいるとそれはそれでまた面白くない・・・という、どうにも複雑な感じ(苦笑)



CIMG1349.jpg

ここは初日と最終日に泊まったバリのホテルだよん。

南国のホテルは庭がとても綺麗。
テラスでずっとくつろいでいたいね♪


CIMG1327.jpg

道端のドリアン売りのお姉さん。
周りにはドリアンの強烈な臭いがww

ちなみにドリアンはあまりに臭いのでホテルには持ち込み禁止だよん。
でも南国で食べるドリアンは美味!!

お姉さん絶対ドリアン臭取れないよ・・・・・・(苦笑)



CIMG1356.jpg

デンパサール寄りの海岸。

CIMG1359.jpg

こちら側の海岸は波が高く、サーフィンをする人がわんさか!!
うぅ~海に入りたい;
埃をかぶっていた青春がうずくぜ!!




CIMG1333.jpg

これはかの有名なケチャ。
ケチャックダンスと呼ばれたりもする。

CIMG1339.jpg

ケチャは神様に捧げる踊りで、天災などが起こるとケチャが催されるらしい。
ちなみにケチャには物語があり、ヒンドゥー教のラーマ王子の伝説を表している。

私が観たケチャは観光客向けのもので1時間くらいのものだったが、実際の儀式では2、3時間くらいかかるものらしい。

ラーマ王子と敵対する悪の王(写真の人)が何だか愛らしいww
いかにもって感じwww

最後にはトランス状態になった男の人が燃え盛るヤシの上でハッスルしてたよ!!(お前、もう少し違う言い回しは出来ないのかww)



バリでは主にお土産調達に走ったり、適当にうろうろしたり、お茶したり。
バリの街中は白人も多いし、日本人の姿も度々見る。
繁華街を歩いていれば日本語を聞くこともちょくちょく。

何か、海外まで来て日本語は聞きたくないなぁ(もちろん身内は除く)。

でもバリ島はバカンスにはもってこいだと思う。
ただ、バリの物価は決して安くは無い。
水1本が大体200円くらい・・・?
結構高い。

しかも観光客が多いせいか、土産売りから値切ろうと思ってもなかなか値段を下げてくれない。
それなりの値段で売らないとやっていけないのだろう。

何はともあれ海外旅行にあまり慣れていない方でも旅行しやすいと思うので、南国でゆっくり過ごしてみたい方にはオススメかも。






さて、宣伝も終わったことだし、最後にバリの夕日で締めるとするか!!

CIMG1365.jpg



いよいよこのコモドドラゴンを巡る冒険もお終いです。


皆様、いかがでしたでしょうか?
少しでも海外の空気感を感じて頂けたなら嬉しいです。

私は年の割に色んな国へ旅行に行く機会があって、本当に幸せな人間だと思います。
テレビで見るだけでは分からない、百聞は一見にしかずって言うべきでしょうか、そんな体験が出来て良かったです。

海外に出るということは観光や娯楽目的だけではなく、自らの見識を広めることにもつながると思います。
皆様にも、これから海外へ出る機会が訪れますように。

















・・・まだ、終わりじゃありませんよ?

ほら、何か忘れていません??

コモドオオトカゲ、グラビアショットです☆

CIMG1197.jpg

CIMG1198.jpg

CIMG1182.jpg

CIMG1210.jpg

CIMG1211.jpg

CIMG1209.jpg

CIMG1231.jpg


お気に入りのドラゴンはいましたか??^^

ではでは次回より通常運行に戻りまーす☆☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●

超おもしろかったです!!
しかし想像以上に大冒険でしたね~!

そして普段あまり写真でもお目にかかれない
コモドドラゴンのおしりのお肉を
たっぷり観察させていただきましたw@@
ありがとう♡(どこ見てんだw)



もちさん♪♪

ありがとうございます~!!夜なべしてまとめたかいがありました(誇張表現禁止な)
まさかこんな冒険をすることになるとは、私も思ってもみませんでした^^;
これは人生の中でまたと無い経験ですね!!

コモドドラゴンの可愛いおしりを撮ることが出来るのは今しかないと
はりきってシャッターを押してきましたww
正面や横の写真はあっても、後ろ向きの写真はなかなか無いですからねぇ。
これでコモドドラゴンをマスターできますよ☆

ドラゴンむちむちしてて可愛いなぁ・・・・・・vvvv

やっぱり南国っぽい果実が多いんですねw
ドリアンは大の苦手です・・
アレはヤバい・・・(においが)

メジャーな外国の場所は日本人多いですよねw
一番好きなグラビアドラゴンは一枚目でした
大の字になってますね
仰向けだったら萌え死んでましたw(お前は)

すっげーwww
最後まで盛りだくさんでしたね!
旅番組ひとつ作れそうなボリュームでした、ごちそうさまーw

ラーマ王子の敵対者っつたら、ラクシャーサかなあ(うろ覚え

ドリアンの匂い嗅いだ事ないですw

ぐまさん☆

南国は色んなフルーツがあるので幸坊としては嬉しい限りです^^♪♪
ちなみに私も今回南国で食べるまではドリアンは臭くて嫌いでしたが、
向こうで食べたのは本当に美味しかったですよ☆
昔に日本のスーパーで買ったやつはひたすらに臭かっただけでした(苦笑)

仰向けwwこれはぬかったwwww
どうにかしてドラゴンをひっくり返してこればよかったですね(笑)
ちなみに私は三枚目の団子三兄弟が好きです(聞いてない)

御刀さん~♪

特盛ナシゴレン級の旅行記、いかがだったでしょうか~??^^
お粗末様です☆

ラーマ王子の物語はあまり知らないのですが、私が見たケチャでは王子と敵対する悪の大王の名前はラワナでした。
でもあくまで日本人用の解説なのでこれも怪しい(苦笑)

ドリアンの匂いはですね~、何とも表現し難い・・・・・・
銀杏の匂いとはまた違うのかなぁ。
ブルーチーズ?
何せ、そんな感じの有機的な匂いです^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukinbo78.blog99.fc2.com/tb.php/162-1fe66cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

色々考えものだねぇ «  | BLOG TOP |  » コモドドラゴンを巡る冒険~中編~

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。