topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作工程~全体完成まで~ - 2009.11.07 Sat

今回はいよいよ完成までの道のりを紹介します。


ところがですね・・・・・・困ったことに、人物に関しては制作途中の写真を一枚も撮っていないんですね(汗)
色塗るのに必死で、そこまで手が回りませんでした><
なので完成したイラストを局部的に写真を撮って説明させていただきます。
分かりにくかったらゴメンなさいね;;

では今回も追記より工程スタートです。

説明が少しでも分かりやすくなるように、ちょっと文字色をいじってみました~




背景完成
昨日はここまで完成しましたね。

今回は以下の順番で色を埋めていきます。
椅子 → 机 → 肌 → 髪 → 瞳 → 服 → 服飾小物 → 靴 → 机の上の小物
この中からピックアップして説明していこうと思います。

本来だったら瞳は最後にアクセントになるように塗るのですが、今回は人物サイズが小さいので先に塗ってしまいます。


椅子
椅子や机はほぼ背景に近いので、先に塗って背景との色合いを調整します。
背景の系の色を引き締める意味で、後ろの壁の模様・絨毯・椅子を補色の系の色で統一します。

椅子 比較

このとき空間の奥行きを出す為に、手前の人物が座っている椅子の影とハイライトを強めに演出します。
塗り方は昨日の背景とほぼ同じように、下色を塗って軽く影付けをした後、色鉛筆で調整をします。

床の絨毯も同様ですが、の部分には色鉛筆でややを入れています。
これはまわりのに対してが浮いてしまうのを防ぐ為で、まわりの系の部分にもを使用して鮮やかな色遣いの中にも統一感が出せるように意識しました。



人物
クオレ アップ エディ アップ

な、何かこの並びは嫌だな(苦笑)

今回は引き絵ということもあって、肌の影はあまり強くは入れていません。
あんまり強く影を入れるとリアルになり過ぎて好ましくないですしね。
赤めのオレンジを薄く下塗りし、薄いで軽く影付け。そして背景と色を馴染ませる為に影に少しを重ねます。
仕上げに頬や鼻の部分、唇に色の色鉛筆でハイライトをおきます。

髪は明るめの色を下地に塗り、濃い色を順に重ねていきます。
金髪の場合はピンポイントで濃い色を入れて陰影を強めるとといい感じになります。
とかの髪はを掛け合わせると綺麗ですね。

肌の首の影や、髪の後ろの方の濃い影、その他服の濃い影等には必ずを使います。
背景がある時は、を使わないと人物が引き立ちません。

一つの部位が塗り終わったら、その部位の色を暗くした色で線画を整えます。
例えば、肌だったら濃い茶色で線画を描きますね。



模様
チェックパンツ

実は服の模様に関しては私も経験が浅く、ほぼぶっつけ本番です。

この場合下地に薄めのグレーを塗り、を混ぜたグレーで広めに影をつけます。
さらに濃い影をもう一段入れて、グレーのスラックス状態にします。
そこからまず縦横に水色のラインを入れて、水色のラインの間に濃いグレーのラインを塗ります。
そしてさらにラインを水色ラインの脇に入れてアクセントとします。
非常に難解ですね(苦笑)

透明水彩だけでは水色があまりにも目立たなくて地味なので、色鉛筆で水色を上塗り。
の色鉛筆で服のシワの濃い影をつけ、仕上げにの色鉛筆でハイライトをつけます。

スーツ等のパンツにある折り目ですが、ハイライトを引いた横にを入れてやるとより一層立体感が引き立ちます。



靴・小物
靴

靴は服とはまた着色方法が異なります。
服等は影から明るい部分へややグラデーションをかけながらハイライトをおきますが、
靴はピンポイントで強いハイライトを置くことによって光沢を表現します。

小物

これは正直言って上手くいきませんでした。要研究ですね。
瓶やガラスといったものも光沢があるので、ハイライトはピンポイントで強く入れます。
あと、影も強めに入れた方が質感が出ていいと思います。

グラスに関しては、背景の映り込みとして少し背景色を入れた方が良かったですね。
ちょっと透明感が無くなってしまって金属チックになってしまいました。




そんなこんなで、ようやく完成です!!

完成

切り取り拡大版はこちら


ここまでお付き合いしてくださった方々、本当にお疲れ様でしたm(_ _ )m
非常に難解な説明で、とりわけアナログ着彩に不慣れな方には理解し難い部分も多々あったかと思います。

とりあえず、幸坊はこんな風に着彩してたんだなー程度に見てくださいね。
色々偉そうなこと言ってますが、基本的に色の塗り方なんて個人の自由ですから。

ただやはりアナログ着彩は理論だけでは何ともならない部分があるので、回数を重ねるしか上達の術は無いでしょうね。
私も一回一回塗る度に新しい発見があります。
今回説明している内容の多くも、塗りながら発見したことです。

すっごい成り行き任せみたいな感じでしたが、何とか形になって良かったです^^;



次回またTOP絵をアナログでやるので、今回好評だったら制作工程またやります(笑)

では皆様、本当にここまでありがとうございました!!\(●^▽^●)/
スポンサーサイト

● COMMENT ●

すばらしぃ~!
実は僕最近デジタルに飽きてきて、アナログお絵かきやってみたいなーと思ってるんですよ。
こーいうメイキングとかまじ眼福!です。
色鉛筆いいですね。

御刀さん☆

ありがとうございます^^♪

デジタルはとっても便利だけど、『描いた!』って感じがするのはやっぱりアナログですね~。
画材は色々ありますが、人によって得意不得意がありますので、色々試して自分に合ったものを見つけるのが理想的ですね!

アナログ着彩をする良いきっかけになったら嬉しいです(●´w`●)

おおお

デジタルでもアナログでも色に関しては全然なので、勉強になります。
統一感を出すために紫を入れるなどなど、ここまで考えて塗られているんですねー、奥が深い。
人の製作過程を見るのが好きなので楽しかったです!

まこときさんっ☆

コメントありがとうございますっ^^☆
色を入れるのは難しいですよねー・・デジタルでもアナログでも。

統一感を出す為の色の演出は、いつも派手な色遣いをしてしまう私の苦し紛れの方法でもあります(苦笑)
計画的なようで、結構行き当たりばったりに塗ってますし(実際、今回も着彩前の色合わせ等は全くやらずに塗り始めました)
白黒だったら色が浮くとかあんまり考えなくていいんですけどね^^;

最後まで見て頂き本当にありがとうございました!!

質感の表現が凄いです!
ここまで描けるなんて羨ましい・・・w

プレノアさん♪

ご訪問&コメントありがとうございます!!

質感の表現は専門学生時代にデッサンの先生によく注意されてたので気を付けてます。
でもなかなか難しくて困りますね^^;
これからも色んな構図やシチュエーションに挑戦していきたいです!

またプレノアさんのブログにも遊びに行かせて頂きますね~(●>w<●)

|・ω・)そ~・・・・

すでにいっぱいコメがあったのでどうしようかなと
思いましたがやっぱりコメしちゃいますw

すごく勉強になりました!!
ほんと、塗りって線画以上に千差万別ですね。
今は周りに絵を描く人がおらず
こういうふうに細かく知る機会も減っていたので
すごくわくわくしました^^



もちさんvv

もちさん、コメントお待ちしてましたよ~(●^w^●)ニコニコ

私も授業や本、動画等でプロの方の塗りとかを見たことがありますが、どの人もそれぞれ違う塗り方をしますね。
細かく塗る人、大胆に塗る人、幾重にも色を重ねる人、少ない色数で塗る人・・・本当に様々です。
塗る色を決めるのに、チューブを投げて決めるなんて人もいましたね^^

次のTOP絵は、かつてあまり向いてないと言われた不透明水彩で描こうと思いますww

不透明水彩いいですね!ワクワク!
この水彩見て、幸坊さんの絵に
ドクターマーチンとかのインク系も
すごく素敵そうな気がしました~^^

ちなみに私は1瓶だけ持ってますが
まだまともに使った事が無いです。試し書きしたら
色んなカラー画材に滲んでしまったので・・・
う~ん奥が深いですね。

ドクターマーチン!!

私もカラーインクは一式持っているのですが・・・・・・
水彩と違ってなかなか修正がきかないとか何やら聞いて私もまともに使っていません;
でもせっかくあるんだから使ってみるのもいいかもなぁ。

TOP絵に使うのは怖いから、何か軽く描いて塗ってみようかな♪
カラーインクは発色もいいですしね^^
カラーインクの存在思い出したら早速使いたくなってきたんだけどどうしよう(苦笑)

ふおおおおお///

すごい絵が綺麗!!
ふむふむ、なるほど、こうするのか。
水張り作業とか懐かしいなぁ…
水彩の上に色鉛筆はやったこと無いけど1度やってみたいな~♪
あ~、なんかめっさアナログ絵描きたくなってきた!
今学期終わって長期休暇入って修羅場抜けたら絶対カラーで何か描こう!!

ほんと幸坊様って凄いなぁ…

紫藤さんっvv

コメントありがとうございますっ!!

おっ・・・紫藤さん水張り作業をしたことがあるんですね^^*
私も水彩の仕上げに色鉛筆を使うという方法は知らなかったのですが、専門学校の担任の先生に教えてもらって取り入れたんですね。

アナログ絵もたまにやると新鮮です♪
紫藤さんのアナログ絵ってどんなのだろう?
見てみたいなぁ><vv




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukinbo78.blog99.fc2.com/tb.php/147-f33ab3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

肉まんの美味しい季節になってきましたね «  | BLOG TOP |  » 制作工程~背景完成まで~

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。