topimage

2012-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念絵完成秘話 - 2012.01.30 Mon

※クリックで大きくなります
2周年&2万HIT記念絵 ラフ

記念絵のラフです。
資料無しで描いた祐喜君の番傘が酷すぎるって話ですねww^q^
最初にこのラフを描いて人物の配置イメージを固めて、人物を一人ずつ別々に下描きしていきました。

そんな訳で今回は、記念絵完成の後日談みたいな感じでいこうと思いますw


こんばんは、幸坊です。





本当は今回のイラスト、久々に作画でもしようかと思っていたのですが
色塗りが過酷だったのと、作業も結構地味だったのでやめました^^;

変わった色を混ぜるとか、そんなんしてないもんなー・・・w
ひたすら、地道に塗るのみです(苦笑)



このイラストで特徴的なのが背景の赤富士ですが、実はかなり後の方になって追加しました。
本当は赤富士は無しの予定で描いていて、そしたら右上のスペースがどうも寂しいような気がして
『どうせなら思いっきりめでたくしよう!!』という事で、赤富士投入ですww

参考にしたのは有名な葛飾北斎の赤富士ですが、『凱風快晴』というのが正しいタイトルです。


そしていざ赤富士を突っ込む事になって、そのままだと赤富士が背景に馴染まないので
山茶花の配置を決め直す際に、ふっと思い出して参考にしたのが片岡球子さんの『富士に献花』という絵です。

これは中学生の頃の美術資料に載っていて、今でもちゃんと本棚にあるのですw
ほんの少し、富士に顔を向けるように山茶花を咲かせるとスッキリ馴染んだので良かったです^^



しっかしながら・・・今回ほど、作画が苦しい絵もそうそう無いですね^^;

私は元々の仕上がりイメージから脱線しても、仕上がり良ければ全て良し、なんですが
塗り始めから脱線しっ放しで、しかも良い方向に転びそうにない感じが終始漂っていて
『うがぁーーこんなはずじゃ無かったのにぃwww』っていう思いが山ほどありましたw

まぁ、最終的には結果オーライにはなったと思うんですけどね。


線画があまりにも良い感じに描けすぎたのも、プレッシャーになったかなぁ><

以前にも書いたのですが、水彩で色を塗るとどうしても線画を一度崩す事になってしまうので
『線画の方が良かった』と思われる可能性もあるし、そうなっても修正が利かないんですよね。


うーん・・そう、なんか今回のイラストは、まだまだヒヨッコな私が言うのもおかしいけど
『自分がこれまでに描いてきたもの』からのプレッシャーに苦しめられたように思います。

もうこの感覚から逃げたくて逃げたくて、一刻も早く仕上げたかったけど、手を抜けば全て駄目になってしまうからそれも出来ない。
自分の力はこんなものじゃないはずだ、もっと巧く描けるはずだと。




そんな感じで、かるーく自分の絵に打ちのめされていた私ですが

近頃ヘビロテで聴いている、天野月(元:天野月子)さんの曲のタイトルで気になるものがあったので、気まぐれで検索したところ
天野月の全曲解説や、天野月さん自身の事を解説してくれているサイト(まぁ、音楽に詳しい天野月ファンの方のサイトですね)を発見したので、興味が湧いて目を通してしまいましたw


天野月さんはシンガーソングライターなのですが、イラストレーターでもあって、私のベクトルに近いのはそのせいなのかな。
歌手として、というより自分の世界観を表現する『作家気質』の強い方なのだと思います。

元々は『天野月子』としてデビューして、人気は出たものの、歌い方や歌詞の特徴から『椎名林檎のパクリ』と揶揄される事があったそうです。
私は椎名林檎聴かないのでよく分からないんですけどね^^;

曲を重ねるうちに月子さんの世界観が強くなって、椎名林檎のパクリと言われる事は少なくなったようですが
その次に彼女を苦しめるようになった(実際には苦しんでないかもですがw)のは、皮肉にも『天野月子』というイメージだったようです。


一度歌手活動を休止し、名義を新たに『天野月』として活動を再開したのですが
『天野月子』というイメージは付いて回り、それを避けるかのように『天野月子らしくない』曲を再開当初は作っていたようです。
(でも本人的には、『天野月子』以前の原点を探っていたという話もあります)

そして去年の11月、音楽活動を始めてから10年目の節目として出したアルバムにて、
今まで拒むようにしてきた『天野月子』を受容し、原点を再確認した『天野月』が、ようやく昇華されてきたようです。



・・・天野月ファンでもない方々にとっては非常に退屈な話を長々としてしまいましたが^^;

つまり、自分の絵に打ちのめされていた私が何を感じたのかと言うと
『ありのままを認め、許容しよ』
という事なのです。

目の前の絵が例え納得のいかない状態であっても、それが全力なのであれば受容しよう。
それをいくら『こんなはずじゃない』と拒否しても、何も始まらない。


あと・・もう一つ天野月さんに関する余談があるのですが

天野月さんのアルバムは
『1曲目のアンサーになるのが最後の曲』
『1曲目と最後の曲は対になる』
『~曲目は~曲目とリンクする』等、アルバムが『一つの作品』となっています。
私は正直、アルバムっていうのはシングルの寄せ集めだと思っていたので、その事に非常に驚きました。

その隅々までこだわるアーティストとしての姿勢に、これまた奮起させられたようにも思います。



そんな感じで何とか冷静さを取り戻し、作品を仕上げるに至りました*^^*
全く・・自分のキャパシティを超えるようなイラストに、もう少しでやられてしまうところでした(苦笑)

中には、仕上がりが期待外れだったと思う方もいらっしゃるかも知れないですね。
あの線画のイメージはかなり期待させるものだったと思うし、もっと良い配色があったかも知れない。

でも、私が出来る手段は尽くしたと思うので、今はこれで満足です。

やはり全力を尽くさないと見えてこない事があるから、こういうイラストを描くのは大切ですね。


・・・・・・でも、当分はこんな苦労するイラストは描きたくない(苦笑)





拍手ありがとうございます!!
追記にて拍手コメントお返事ですvv

沢山のお祝いコメント、イラストへのお褒めの言葉ありがとうございます><
ちょっと期待外れかなーと思っていたのですが、嬉しい感想が聞けて、苦労が報われた気がしますT T

ではではまた次回です☆☆



スポンサーサイト

完成です!! - 2012.01.29 Sun

2周年&2万HIT記念絵

では改めまして、
2周年&20000Hitありがとうございます!!\(^∀^)/


長かったー長かったよーおおかた3周年になってしまうところだったよーww(大げさなww)

お陰様で、10回くらい心が折れましたww^q^
でも、何とか完成までこぎつけられて良かったです!!


こんばんは、幸坊です。





こちら文字無し拡大版です↓↓

2周年&2万HIT記念絵 拡大版

ちょいと画質を下げたので、最高画質のをpixivに上げておきますね。


いやー・・・本当に、どうなるかと思いましたこのイラスト(苦笑)
閻魔様とクオレを塗り終わった段階で、塗り直そうか本気で考えたんですけど
塗り直しても、それ以上の改善が見込めるとも限らないので、そのまま続行しました^^;

やはりアナログでは私の思うイメージを100%描ききるのは難しいようで、かなりデジタルでの修正を入れています。


ちなみにこちらが原本です↓↓

※クリックで大きくなります
2周年&2万HIT記念絵 元本

今日はもうかなり気力を使い果たしているので、次回記事を使って色々お話しようと思います^^;



そうそう、その前に・・・私が今回のイラストに込めた秘密メッセージ、何となく感付かれた方はいらしゃいますでしょうか?
そんなに複雑な事ではないのですが、良ければ少し考えて頂ければ幸いですw

思わせぶりで放置するのもアレですので、追記にて一応答えを書かせて頂きますね*^^*





拍手ありがとうございます!!
イラストのメッセージの事が気になる方は、このまま追記にお進みくださいませvv

ではではまた次回です☆☆



もうちょいで完成 - 2012.01.26 Thu

記念絵 色塗り途中

記念絵、おおよその色が入りました。
後は近景の花を塗って、瞳の色を入れて、線画を整えて、色調補正すれば完成です!!

かなり日程が押しましたが、コミティアの準備には間に合いそうですw


こんばんは、幸坊です。




記念絵に悩まされている間に、コミティアが近づいてきましたよーww

そうこうしているうちに、今度は4月に開催されるであろう『そうさく畑』、関西コミティアの申込みも迫ってきますね^q^
春は大忙しだ☆

何人かの方から会場へ来ていただけると聞いていますので、楽しみにしております^^♪
イベントは出逢いの場ですね~ウキウキですvv




そしてもう一つ、気になる事があったのですが・・・


私のメールアドレスの方に、『ルーファス・リン・ギャラリー』というところから、
カナダにあるギャラリーに作品を展示しませんかというメールが来ていました。

真っ先にスパムを疑って検索をかけてみたのですが、どうやら悪徳な団体とかではないようで
実際にカナダのギャラリーで展示をしているようです。


もしかしたら、このブログに来られている方のところにも、依頼があったのでは?と思うのですが・・・
アナログ絵師さんに限り、このルーファスさんからメールが来るようです。

このギャラリーのコンセプトが『日本の絵画の美しさや美術家の才能を紹介し、日本の文化を新旧問わず海外に発信したい』
との事なので、私の尊敬する絵師さんで、アナログで和イラストを描いていらっしゃる方がいるのですが
調べてみたら案の定その方にも依頼があったようで、作品を出展されていました。

ちなみにルーファスさんのメールには、『年賀状絵を見て、海外の方に総会したいアーティストであると判断しました』
とあるのですが、あれは日本らしいのか・・・?(苦笑)


ちなみに展示料金と送料が必要でして、1点だと展示料金1万円+送料、
それ以外は個展形式で、そのブースの広さに応じて6万~19万の展示料金が必要らしいです。

・・・もし出すとしても、1点が限界だろうなぁ^^;


まぁ私も商業的な意識は薄いし、何だかちょっと楽しそうな感じもするので
今はまだ保留中ですw
出展するとしたら、何を出展しような!?って話ですねww






拍手ありがとうございます!!
沢山の拍手、励みになります><vv
次回には記念絵の完成図がUPできたらと思います☆

ではではまた次回です☆☆

たまには読み物の話でも - 2012.01.24 Tue

いつもイラストの途中経過とそれに関する文章ばかりなので、
今回は少し違う話題を持ってきたいと思います☆


こんばんは、幸坊です。




イラストは進んでるんですけど、ちょいと色合いが微妙な事になっているので隠蔽です(おいww)
こりゃあデジタル加工が必要だなーって感じなのですが、そろそろアナログとデジタルの融合も考えていたので、丁度いいかと。



さて・・今回の話題は、蔵書家ではない私の蔵書についてですw

このブログに来られる方は私より蔵書家な方が大勢だと思いますが、
私は漫画や小説は殆ど集めない性質なのですが、漫画や絵の資料になる本や、知的好奇心を満たすような本が好物です。

絵を眺めるのも好きなのですが、まんがイラストよりも絵画や日本画を、解説をまじえながら見るのが好きです。


そして私の持っている本で、同じ本を持っている方がいらしたら嬉しいなーと思うのがこれ。

続 春画 色模様百態 (別冊太陽)続 春画 色模様百態 (別冊太陽)
(2008/05/17)
白倉敬彦

商品詳細を見る


『こ・・ここでまさかのエロ本かよ』とか思わないそこwwww^q^

私が持っているのは、この『続』の方なんですけど、1冊目の方も近々手に入れようと思いますw

実は私、モノノ怪で薬売りさんの薬箱に春画が入ってるっていうフシがあるまで、春画って存在を知らなかったんですけどね
漫画の持込みをしに東京に行って、空き時間に友達と本屋さんをちょろまかしていたらたまたま見つけて、
気に入ってそのまま購入してしまったんですよww

一応中身は18禁なので、18歳未満の方は控えてくださいねー^^*
言っておきますが、無修正ですよ(強調すなww)


いやぁ・・春画を見ていて一番に思ったのはですね。

日本人って、今も昔も変わらないんだなぁ・・・って(苦笑)

浮世絵って台詞は入っていないんですけどね、春画って台詞が入ってるんですよ。
シチュエーション萌えってやつですよシチュエーション萌え!!
あぁ、ここにきて芸術性やら云々抜かすほど私は野暮ではございませんのでw

先程も書いた通り、局部は全て無修正で描いてありまして、やたらリアルで、しかもまぁ色々デカい・・です^q^
そっちの方面に免疫が無い方はお控えなすってぇ!!(江戸っ子かww)


葛飾北斎って大波の絵が有名だと思いますが、普通に春画も描いておりますのでね。
あのね、北斎の描く春画は人物の顔がとってもシュッとしてて、効果音がめっちゃ執拗なんですよw

個人的には喜多川歌麿の人物画が一番好みかなぁ。
美人画がとても有名ですしね、歌麿の美人画は見れば見るほど綺麗です。
私もあまり知識が深くないので、あんまり声を大にしては言えないんですけどね^^;


それにしても、江戸時代って性に対してお堅い印象が結構あるけど
春画を見ていると、性に対して大らかなような気もしますw
昔の日本家屋っていうのはあまり仕切りの無い構造だったので、今よりプライバシーっていうのが希薄だったからなのかなぁ。

現代だと、親は子どもに夜の営みがバレないようにするし、子どももまず目にする機会は無いと思うのですが
どうも春画の内容を見てると、子どもが親の情事を目撃するのはよくあるっぽいんですよねw
子どもはコウノトリが運んでくるなんて、一番信じないのは江戸時代の子ども達なんじゃないのって・・・^^;



春画は様々なシチュエーションの情事を描いていて、特にこの本はめくっていて飽きないと思うので
興味のある方、是非読んでみてください^^*

ホンマに日本人ってえろいよなー・・・考える事がえろい(苦笑)





拍手ありがとうございます!!
沢山の拍手、ありがとうございますvv
記念絵、そろそろスパートをかけていきたいと思います><

ではではまた次回です☆☆

まだ先は長いです^q^ - 2012.01.22 Sun

記念絵 色塗り途中

閻ちゃん、今回も派手やね!!!(苦笑)

軽くやっちゃった感を漂わせつつ、後ろは振り返らずに進みたいと思いますww
大丈夫、色を入れていくに従って目立たなくなる、目立たなくなる・・・(呪文ww)


こんばんは、幸坊です。




ちょっとご無沙汰してしまいましたが、2日連続でバイトに遅刻しかけて気持ち的にかなり削られてました(苦笑)
1日目は普通に寝過ごしかけて、2日目は部屋の目覚まし時計が、何故か寝ている間に25分ほど遅れるという事件が^^;

部屋の目覚まし時計は5、6年前くらいに買った電波式の時計で、最初は勝手に時間を合わせてくれていたのですが
そのうちに時間を合わせてくれなくなったので手動で合わせていたら、今度は勝手に時計の針が進みだしたりする始末。

電池交換してからそんなに経っていないので、今回はさすがに地面に叩きつけてやりたくなりました★



まぁそんな駄弁は置いておきまして・・・

背景と全員の羽織は先に塗り終わりまして、後ろにいるキャラから順番に色を塗っていってます。
今回は閻ちゃんが一番後ろなので、閻ちゃんからw


色の塗り方は人によって様々とは思いますが、私は極力濃い色から先に塗っていきます。

理由は、薄い色を先に塗ったところに濃い色がはみ出したら厄介、というのもありますが
一番の理由は、人間の目の錯覚にあります。

デジタルで色を塗っている方は経験があるかと思いますが、先に薄い色を塗って後から濃い色の塗った時
薄い色の部分がやけに明るく浮いてしまって、後から色のトーンを落としたっていう事はありませんか?

一つの色の周りに濃い色を置くと、目の錯覚で従来の色より明るく見えてしまうので
特に塗り直しの難しい肌の色や明るい色の髪は、後から塗るようにしているんです。

肌とかすんごく塗りたいんですけどね・・必死に我慢ですw



それにしても、今回のイラストは過去最強レベルですね^^;
配色はとりあえず決めてみたものの、ちょいちょい変更しながら塗っています。

自分の色センスの無さに苦しみつつも、完成までもうしばらく頑張ろうと思います><





拍手ありがとうござます!!
今回は拍手コメント返信は無いのですが、前回記事の追記で途中だったお返事、描き終わりましたので
まだだった方はご覧になってください><

本当はもう少し早めにお返事しようとしたのですが、その時ネットの繋がりが悪く、疲れていたのもあって放置してしまいました;;
お返事を待ってくださっていた方には申し訳ございません><

ではではまた次回です☆☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。