topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介:懸衣翁 - 2012.05.28 Mon

クリックで大きくなります
懸衣翁 決定稿

先日仮デザインしていた、懸衣翁のデザインを完成させました!\(^o^)/
という訳で、早速紹介記事を書かせて頂きますw


こんばんは、幸坊です。





ブログでのお付き合いがまだ短い方は、幸坊キャラの関係性が分かりにくいと思うのですが、

閻魔様
お酒の記事用 閻魔様

司命(しみょう)
お酒の記事用 司命ちゃん

脱衣婆(だつえば)
懸衣翁キャラ紹介用 脱衣婆

そして今回紹介する、懸衣翁(けんえおう)が黄泉の住人という、ひとくくりになっております。
(各キャラの名前をクリックすると、紹介記事に飛びます)

今まで散々紹介記事を書いてきたけど、どれを見ても恥ずかしさで爆発しそうだ(涙)



懸衣翁は、三途の川のほとりに居る脱衣婆の隣に居るといわれる老人の事です。
本来の言い伝えでは、脱衣婆が亡者の服を剥ぎ取り、懸衣翁がその衣を衣領樹(えりょうじゅ)の枝にかけ、
枝のしなり具合で罪の重さを量ると言われています。

こちらの幸坊キャラの懸衣翁は、脱衣婆の補佐役のような感じで
脱衣婆が猪突猛進のアホなので、懸衣翁がたしなめ、時々知恵を回すといった感じですw

脱衣婆とは一応夫婦という事にしていますが、夫婦関係というよりは仕事仲間のようです。



感情の起伏が少なく、スローペースな性格。
読書が好きで、暇を見つけては本を読み漁っている。

嫁が本能的に動く性格なので、度々制止しようとするのだが、強い物言いができないので結局嫁が暴走するw
それでも仕方なく嫁に付いていくので、割と嫁思い。

基本的に臆病で、人間関係に波風を立てない、受身な立場だが、それと同時に傍観的でもある。


口調はスローリーで、じじい言葉というか、日本昔話的な喋り方。
脱衣婆の事は『脱衣(だつえ)』と呼び、普通に話しかけるが
閻魔様と司命には様付けし、敬語を使う。
脱衣婆からは『じじい』と呼ばれている。



黄泉の住人の中では一番マトモな人物が、この懸衣翁と言えそうです^^;
絵的に映えないキャラですが、黄泉の国にイケメンばっか居たらただの天国だからなぁ(何を言ってるんだお前はww)
メイン人物を引き立たせる為にも、地味なキャラというのは必要なものです。

一応これで決定という事にしておきますが、また色々と変更があると思います。
でもとりあえず設定さえしておけば、色々とやりやすいのでねw


キャラの設定もだいぶ進んできたので、また世界観の設定もぼちぼちと進めていけたらと思います。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。