topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お絵描き講座~筋肉の描き方~ - 2012.03.21 Wed

それでは予告の通り、今回は久々のお絵描き講座です\(^o^)/☆

いやー・・本当に久々ですw
だって、最後にまともなお絵描き講座したのが、2010年の10月だもん^q^


タイトルの通り、今回は『筋肉の描き方講座』です☆

それについて、最初におことわりしておきたい事があるのですが・・・・・・


今回の講座は、ある程度人物の描き方を会得している方向けの講座になりそうです^^;
まだ人物の形を捉えきれない初心者の方には、あまりお力添えできない内容かも知れません><

人物の描き方の講座については、こちらをご覧頂ければと思います↓↓
●人物の描き方 その1 http://yukinbo78.blog99.fc2.com/blog-entry-422.html
●人物の描き方 その2 http://yukinbo78.blog99.fc2.com/blog-entry-423.html

人物の描き方その2で、ちょっと筋肉について触れているのですが、今回はそれをもっと詳しくした版です。

っていうか・・この2つの記事を見返してみたけど、
分っかり難いなぁオイ(苦笑)
しかもなんか偉そう・・いや、それはいつもの事かww

分かりやすいってコメントしてくださっている方々は、きっと神様ですねww
今回はもうちょっと分かりやすいように努力していきます^^;



それでは、少し長くなりますので追記にいれておきます。
見てくださる方は追記へどうぞ☆



スポンサーサイト

記念絵完成秘話 - 2012.01.30 Mon

※クリックで大きくなります
2周年&2万HIT記念絵 ラフ

記念絵のラフです。
資料無しで描いた祐喜君の番傘が酷すぎるって話ですねww^q^
最初にこのラフを描いて人物の配置イメージを固めて、人物を一人ずつ別々に下描きしていきました。

そんな訳で今回は、記念絵完成の後日談みたいな感じでいこうと思いますw


こんばんは、幸坊です。





本当は今回のイラスト、久々に作画でもしようかと思っていたのですが
色塗りが過酷だったのと、作業も結構地味だったのでやめました^^;

変わった色を混ぜるとか、そんなんしてないもんなー・・・w
ひたすら、地道に塗るのみです(苦笑)



このイラストで特徴的なのが背景の赤富士ですが、実はかなり後の方になって追加しました。
本当は赤富士は無しの予定で描いていて、そしたら右上のスペースがどうも寂しいような気がして
『どうせなら思いっきりめでたくしよう!!』という事で、赤富士投入ですww

参考にしたのは有名な葛飾北斎の赤富士ですが、『凱風快晴』というのが正しいタイトルです。


そしていざ赤富士を突っ込む事になって、そのままだと赤富士が背景に馴染まないので
山茶花の配置を決め直す際に、ふっと思い出して参考にしたのが片岡球子さんの『富士に献花』という絵です。

これは中学生の頃の美術資料に載っていて、今でもちゃんと本棚にあるのですw
ほんの少し、富士に顔を向けるように山茶花を咲かせるとスッキリ馴染んだので良かったです^^



しっかしながら・・・今回ほど、作画が苦しい絵もそうそう無いですね^^;

私は元々の仕上がりイメージから脱線しても、仕上がり良ければ全て良し、なんですが
塗り始めから脱線しっ放しで、しかも良い方向に転びそうにない感じが終始漂っていて
『うがぁーーこんなはずじゃ無かったのにぃwww』っていう思いが山ほどありましたw

まぁ、最終的には結果オーライにはなったと思うんですけどね。


線画があまりにも良い感じに描けすぎたのも、プレッシャーになったかなぁ><

以前にも書いたのですが、水彩で色を塗るとどうしても線画を一度崩す事になってしまうので
『線画の方が良かった』と思われる可能性もあるし、そうなっても修正が利かないんですよね。


うーん・・そう、なんか今回のイラストは、まだまだヒヨッコな私が言うのもおかしいけど
『自分がこれまでに描いてきたもの』からのプレッシャーに苦しめられたように思います。

もうこの感覚から逃げたくて逃げたくて、一刻も早く仕上げたかったけど、手を抜けば全て駄目になってしまうからそれも出来ない。
自分の力はこんなものじゃないはずだ、もっと巧く描けるはずだと。




そんな感じで、かるーく自分の絵に打ちのめされていた私ですが

近頃ヘビロテで聴いている、天野月(元:天野月子)さんの曲のタイトルで気になるものがあったので、気まぐれで検索したところ
天野月の全曲解説や、天野月さん自身の事を解説してくれているサイト(まぁ、音楽に詳しい天野月ファンの方のサイトですね)を発見したので、興味が湧いて目を通してしまいましたw


天野月さんはシンガーソングライターなのですが、イラストレーターでもあって、私のベクトルに近いのはそのせいなのかな。
歌手として、というより自分の世界観を表現する『作家気質』の強い方なのだと思います。

元々は『天野月子』としてデビューして、人気は出たものの、歌い方や歌詞の特徴から『椎名林檎のパクリ』と揶揄される事があったそうです。
私は椎名林檎聴かないのでよく分からないんですけどね^^;

曲を重ねるうちに月子さんの世界観が強くなって、椎名林檎のパクリと言われる事は少なくなったようですが
その次に彼女を苦しめるようになった(実際には苦しんでないかもですがw)のは、皮肉にも『天野月子』というイメージだったようです。


一度歌手活動を休止し、名義を新たに『天野月』として活動を再開したのですが
『天野月子』というイメージは付いて回り、それを避けるかのように『天野月子らしくない』曲を再開当初は作っていたようです。
(でも本人的には、『天野月子』以前の原点を探っていたという話もあります)

そして去年の11月、音楽活動を始めてから10年目の節目として出したアルバムにて、
今まで拒むようにしてきた『天野月子』を受容し、原点を再確認した『天野月』が、ようやく昇華されてきたようです。



・・・天野月ファンでもない方々にとっては非常に退屈な話を長々としてしまいましたが^^;

つまり、自分の絵に打ちのめされていた私が何を感じたのかと言うと
『ありのままを認め、許容しよ』
という事なのです。

目の前の絵が例え納得のいかない状態であっても、それが全力なのであれば受容しよう。
それをいくら『こんなはずじゃない』と拒否しても、何も始まらない。


あと・・もう一つ天野月さんに関する余談があるのですが

天野月さんのアルバムは
『1曲目のアンサーになるのが最後の曲』
『1曲目と最後の曲は対になる』
『~曲目は~曲目とリンクする』等、アルバムが『一つの作品』となっています。
私は正直、アルバムっていうのはシングルの寄せ集めだと思っていたので、その事に非常に驚きました。

その隅々までこだわるアーティストとしての姿勢に、これまた奮起させられたようにも思います。



そんな感じで何とか冷静さを取り戻し、作品を仕上げるに至りました*^^*
全く・・自分のキャパシティを超えるようなイラストに、もう少しでやられてしまうところでした(苦笑)

中には、仕上がりが期待外れだったと思う方もいらっしゃるかも知れないですね。
あの線画のイメージはかなり期待させるものだったと思うし、もっと良い配色があったかも知れない。

でも、私が出来る手段は尽くしたと思うので、今はこれで満足です。

やはり全力を尽くさないと見えてこない事があるから、こういうイラストを描くのは大切ですね。


・・・・・・でも、当分はこんな苦労するイラストは描きたくない(苦笑)





拍手ありがとうございます!!
追記にて拍手コメントお返事ですvv

沢山のお祝いコメント、イラストへのお褒めの言葉ありがとうございます><
ちょっと期待外れかなーと思っていたのですが、嬉しい感想が聞けて、苦労が報われた気がしますT T

ではではまた次回です☆☆



クロッキーについて語ってみる - 2011.11.24 Thu

※クリックで大きくなります
昔のクロッキー

おや?上のポーズはどこかで見覚えが・・・・・・

お気付きの方もいらっしゃると思うのですが、そう・・イラスト集裏表紙のこの祐喜君↓↓

祐喜君後姿

の元になったクロッキーです。

旅行中の記事で、この祐喜君とよく似たポーズを思い出しながら描いたというのに興味を持ってくださった方がいたので、
他に載せるものも無いのでUPさせて頂きましたw

元々は女性の写真をクロッキーしたものだったのです^^


今回は旅行から帰ってきて早々ですが、幸坊節たっぷりの絵のお話でいこうと思いますww


こんばんは、幸坊です。




上のクロッキーは専門学校1年生(19歳)の頃の、夏休みの課題で描いたものです。
まだデッサンを習い始めたばかりなので、体の形や構造があまりよく分かっていない感じですね。

クロッキーは雑誌のモデルさんを見本にして描くのですが、ダラダラ描かずに時間を決めて、
その時間内にある程度の仕上がりになるように描きます。

上のクロッキーは、恐らく10分か20分か・・そこらだと思いますが
大体10分か5分で1ポーズを描いていたと思います。



ちょっと懐かしくなったので、久々に時間を計ってクロッキーをしてみました。

まずこちらが10分。

※クリックで大きくなります
クロッキー1

久々でイマイチ感覚がつかめず^^;

趣味でも何でも、それなりに真面目に絵を描く方は、クロッキーは必須だと思うのです。
絵の基本は何でも、実物を見て、構造をしっかりと勉強して、そこから自分なりのデフォルメを加える。

たまに聞く話なのですが、コミック調の絵を描くのに、体のデッサンが必要だと思っていない方がいるそうなのです。
言ったら失礼なのですが、特に女性の方でそのような傾向が強いようです。

稀に、デッサンが出来ていなくてもセンスでカバーできる人もいますが
自分はそういうタイプだと思われない方が良いと思います(デッサンが出来たらもっと魅力的なのになぁと思う事が大半なので)


2枚目、これも10分です。

クロッキー2

2枚目で後姿はちょっと難易度が高かった^^;
ちょっとアオリ気味になっちゃいましたね><

私も完璧にデッサンが取れるようなタイプでは無いのですが、
一応、不自然に見えない程度に描ける自信はあります。


クロッキーって一見、ラフっぽくて描くのがそんなに難しそうに見えないのですが
意外と難易度高めですw

基礎が出来ていない人だと、一枚の紙に人物を綺麗に収めるの自体が困難だと思います。

趣味で絵を描いている友人にお願いして、お互いにモデルしあいっこしてクロッキーに付き合って貰った事があったのですが
友人は小学生の頃から絵を描いているにも関わらず、紙にバランスよく人物を収める事ができませんでした。
クロッキーに慣れていない、というのも当然あったと思うのですが
基礎が出来ていない為に、全体を見てバランス良く人物を紙に収める事が出来ないのです。

女性でデッサンが取れていない人が多いと先程書きましたが、
女性は顔や体のパーツにこだわる人が多く、全体を見たり構造を理解するのが苦手なので
デッサンが取れない、という事が多いのです。



3枚目、これも10分です。

クロッキー3

私が描くと、どうも全体的に体の線が細くなるようです。
肩がいつも狭くなるから、気をつけねば・・・

絵の上達をしたい方は、クロッキーをした方が良いと思います。

ただ、そのまんま見て描けばいいという事ではありません。
見てそのまま紙に書き写すのではなく、骨格や筋肉の付き方、重心のバランス(ちゃんと人物がバランスを取って立っているか)等を考えながら描くのです。
勿論、服で隠れて見えないところも考えて描きます。

これを、絵を描く人はよく『アウトラインを追わないようにする』といいます。
体の形をなぞるのではなく、自分なりに構造を理解して描くという事です。

描き慣れている人は、実際とは少し違う描き方をして、よりそれらしく見せる描き方をします(体の構造を知っているから出来る業です)
それを『嘘をつく』といいます。



最後は5分です。

クロッキー4

5分だと体のデッサンをしっかり取っている暇が無いので、服を着た状態から描いてます。
でもさすがに腰周りは描かないと分からない^^;

クロッキーは、時間を決めて描くのをオススメします。
慣れないうちは20分とかでも構わないと思うのですが、出来れば5分10分で。

何故時間を決めるのかというと、
時間を決める事によって、より集中して描く事が出来るからです。
クロッキーは、集中して『考えて』描く事が重要なのです。


あと、描くモデルさんは出来れば白人さんとかの方がいいです。

日本人でもモデルさんだったらまだアリかも知れないのですが
やはり東洋人は頭身が低いので、絵的に映えません。


描いたクロッキーは、誰かに見せて指南して貰えれば良いのですが、実際そういう人も少ないと思うので
おかしいところが無いか、描いた後に自分でチェックするのが良いと思います。
そして、次は同じ失敗をしないように気をつける。

ノートの端にちょこちょこっと落書きするように描くのではなく、一枚絵として
紙にバランスよく収まるように描くのが重要です。




色々と書きましたが、やはり私としては
『できる努力はした方がいい』と思うのです。

勿論、自分の絵にデッサンが必要ないと思うのならば、やらなくてもいいと思います。
でも、多くの方が自身の絵に疑問を感じる事は多いはず。
その疑問の大半は、やはり人物に関する事ではないでしょうか?

ガッチリとデッサンの取れた絵が魅力的だとは思いませんが、
できる努力を怠った絵は、魅力云々以前に評価に値しません。


・・・あ、ちなみに今回クロッキーしたモデルさんは脚を出している率100%なのですが
やっぱり女の子は、脚のシルエットが見えるのが良いと思いましてw

脚が隠れるロングスカートやダボパンは描き難いっていうのもありますが
やっぱり脚線美は女の子の特権でしょうww(最後の最後でオッサンかww)





拍手ありがとうございます!!
拍手コメントのお返事、前回記事の追記にて書いている途中です^^;
今夜には書き終わると思うので、もう少々お待ちを><

拍手コメントお返事、前回記事の追記にて書かせて頂きました☆
前回記事へのコメントのお返事も一緒に書いております。

あと、気が付けば20000HITを突破しておりました!!\(^o^)/
お馴染みの方、たまたま訪問してくださった方共にありがとうございます(●>ω<●)vv
2周年と一緒にお祝い絵を描きたいけど、まだ描かなきゃいけないものが立て込んでいるので
ちょっとお待たせしそうです><
うがぁ~何を描こうかなぁwww

ではではまた次回です☆☆

☆幸坊旅行中 第4夜目☆ - 2011.11.21 Mon

閻魔様 黒シャツ

誰だっ!!今『やっぱりこの展開かよ・・・』って思った奴www

ここは『期待通り』という表現が正しいのです(自分で言うなww)
ハイ、予想していた方もしていなかった方も、今回はこの閻ちゃんイラストです☆



いやいや、このイラストを持ってきたのは、ただ単なる旦那愛じゃないんですよーww
下描きやラフでしか分からない部分があるんですよってw


ではまずはラフです。

※クリックで大きくなります
閻ちゃん黒シャツ ラフ1

このイラスト、立て膝をしているって皆様お気づきでしたか?
黒く塗りつぶしたら分かりにくくなってしまいまして^^;

いつも思うのですが、髪を描き加えたら体が小さく見えてしまうので困ります><
髪は優先的に描いて、体とのバランスを取らないといけませんね。


ここからまず1トレース。

閻ちゃん黒シャツ ラフ2

ここから体の大きさや筋肉の形、そこに服を着せたイメージを作っていきます。
私が思いっきり堪能してる感が否めないのは勘弁してくださいww^q^

もっと酷い時は、筋肉を描くだけ描いて楽しんで、服着せるのが勿体無くなりますから(待てww)

この時点では、仕上げで服を黒ベタで塗りつぶすかどうか、まだ決めかねていました。


さらにもう1トレース。

閻ちゃん黒シャツ 下描き

まだまだ筋肉を堪能していますww^q^

ここでようやく、手の形を整えます。
でもこの手の形、どうも個人的にイマイチなんだよなー・・・><

あと立てている脚の太さがよく分からずにいたのですが、もう黒ベタでいこうと決めて、
どうせ見えなくなるから適当でいーや☆という流れになりましたww


そして、ようやく線画のできあがり。

閻ちゃん黒シャツ 線画

実はこの時点でボタンが描いてありますが、必要なさそうなのでベタで塗りつぶしましたw

このイラストに関しては、イラスト集に収録する際にあまり弄ってはいないのですが
単色カラーを片面見開きというVIPな扱いにしていいものか、かなり迷いまして
結局、旦那への愛が勝ってしまいました(愛自重しろww)



ちなみに少し注意点。

私の絵で、稀に露出度の高いイラストを描いて欲しいという事があるのですが
基本的に、私はそのキャラ『らしい』イラストしか描きません。

たまにこういったサービスカット的なものも描くのですが、あくまでキャラのイメージを壊さない範疇で描いています。

二次創作と一次創作の最も大きな差というべきなのだと思いますが、
私は一次創作をする身として、自分のキャラのイメージを守る義務がありますので
私のキャラのイメージに合わない、イメージを損ねるようなリクエストはお受け致しかねますので、ご了承ください。
(コメント中の冗談は誉め言葉として有り難く受け取っていますので、ご安心をw)


あと、私は男性の露出度を上げての『セクシーアピール』は、あまり好き好んでしない主義です。
う~ん・・基本的に私は『露出をしないでも、色香を感じる』っていうのがモットーなのです。
皆様がそう感じているかどうかは不明なのですが^^;

私自身も色香を感じる絵が好きなのですが、『卑猥さ』を感じてしまうと、どうも苦手なのです><
露出をしないと演出出来ない色香は、色香とは呼ばず『卑猥』だと思うのは私だけでしょうか・・・。





そんなこんなで、3日間のラフ~線画までの工程でした☆
こんな手抜きな内容で申し訳ないのですが、少しでも楽しんでいただけたのなら幸いです><

それでは幸坊は明日帰還致します☆

ではではまた次回です☆☆

☆幸坊旅行中 第3夜目☆ - 2011.11.20 Sun

※クリックで大きくなります
祐喜君後姿

今回は、この祐喜君の後姿イラストの線画~ラフを紹介します☆

何だかこのイラスト、やけに評判が良いんですよね~いや、分かる気もするけど(苦笑)
なんかうちの母にも好評で、『映画で見た向井理くんみたいやわ~vv』って言ってたけど、祐喜君ですから(真顔)

あ、ちなみに私は向井理があまり好きではありません★



さてさて、無駄話は置いといてラフです。

※クリックで大きくなります
祐喜君後姿 ラフ

このイラストは、前の仕事場でガリガリとラフを描いたのですが、
うっかり持って帰るのを忘れておりまして・・・ww

幸い店長が来る頻度が少なくて、他のアルバイトの方に見られただけだったのですが
めっちゃ恥ずかしかったですwww^q^

実はこのポーズ、ずっと前に女性ファッション雑誌に載っていた、よく似たポーズをクロッキーした事があって
それを何となく思い出しながら描いたんです。


続いて1枚トレース。

祐喜君後姿 下描き

ちょっと重心のバランスが取れなくて、苦労しております。

私、きよよんさんに『お尻フェチ』って言われたんですけど、
自称『大胸筋フェチ』なんだけどなぁ・・・(どっちも大差ないww)

良い大胸筋を見たらめっちゃ興奮します(おまわりさんこっちです)


さらにトレースして線画が完成です。

祐喜君後姿 線画

このイラストは殆ど思いつきの即興描きみたいなものだったので、
各パーツごとに一枚ずつしかレイヤーを使っていません。

これもイラスト集に収録する際に、少しグロー効果を使っています。
少し陰影が強くなって、発光してる感じになっていると思うので、
お手元にお持ちの方は、良かったら見比べてみてくださいw




最後のラフ~線画は、一体何のイラストになるかな?^^
私の行動パターンがよくお分かりの人だったら、そろそろお気付きかも知れませんねww

ではではまた次回です☆☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Translation(自動翻訳)

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊→ゆきんぼーと読みます。

色気のある殿方と色気のあるご婦人を描くのが好きです。
専門学校を出て、只今オリジナル同人誌を描いています。
いつもオリジナルの絵の話ばかり、親馬鹿発言が多々ございますので、お気を付けください。
基本的に旦那(閻魔様)至上主義。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

カテゴリの『漫画』に作品を置いています☆

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな漫画・アニメ:モノノ怪、夢幻紳士、オノ・ナツメの書籍、王ドロボウJING・海の大陸NOA・戦国BASARA

好きなアーティスト:笹川美和、天野月(月子)、宇多田ヒカル、リンキンパーク、村松崇継、聖剣伝説2のサントラ大好き。あと二階堂のBGMが気になる

最新記事

最新コメント

Categories...B

openclose

FC2カウンター

ブログランキング

ジャンピング・トーマ

イラスト倉庫(pixiv)

月別アーカイブ

12  10  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。